女性にとって30代での保険加入はメリットだらけ!|あなたに必要なのはどの保険?

30代になって体調や結婚・出産などライフスタイルの変化が増えてくると、保険への加入が気になってきますよね。ところが、いざ加入しようと思っても、保険商品が多すぎて自分に合う保険の選択に迷うかもしれません。

30代独身女性が保険を検討するとき、どんなポイントに注意すれば良いのでしょうか。

そこで今回は、30代女性が保険に加入するメリットやライフスタイルごとの保険の選び方についてわかりやすく解説していきます。

 

スポンサーリンク

30代女性がいま保険に加入すべき理由

30代女性がいま保険に加入すべき理由は3つあります。

・加入がスムーズ
・年齢が若いほど保険料が安い
・女性特有の病気などに備える

30代は体調面が変化しやすいといってもまだまだ健康リスクがそれほど高くありません。

病気になると一般的な医療保険に入ることが困難になることもあるので、病気になる前の若いうちなら保険加入時の審査がスムーズであることは大きなメリットです。また、同じ保障内容や期間でも、若いほど死亡する確率は低いため保険料は安く済みます。

一方で、30代女性になると子宮筋腫や乳がんなど女性特有の病気にかかる確率が上がるため、医療保障の充実は、もしものときの安心感につながるでしょう。

 

30代独身女性が保険を選ぶポイント

30代は、ライフスタイルが大きく変化しやすいころです。ですが、同じ30代と言っても独身の人もいれば、シングルマザーをしている人もいます。

・死亡保障
・医療保障

これらを踏まえてライフスタイルごとにみていきましょう。

 

既婚の場合

子どもがいない30代既婚女性の場合は、入院や手術、がんなどに備えた医療保障を中心に備えましょう。生命保険に関しては、夫の収入が見込めるため、夫の保障を手厚くしておけば十分です。

とくに専業主婦の場合は、『毎月の必要金額』と『生活を立て直すまでに必要な年数』をかけて計算した金額分をカバーできる生命保険を選ぶことをおすすめします。余裕がある場合に限り、ある程度自分の死亡保障を設定しておくと、より安心して暮らせるでしょう。

一方で、子どもがいる場合は医療保障の充実だけでなく、夫の死亡保障額を増やしておく必要があります。

とくに学費は、子ども1人につき、幼稚園から大学まで公立に通った場合でも約1000万円以上かかるともいわれるほど。生命保険をもっとも必要とするのが、子どもが生まれたときなのです。

万が一、夫に何かあったときの経済的負担は、教育資金などを考えると子どもがいない場合よりも格段にあがるので注意してください。『高校卒業』や『大学卒業』までなど期間を区切って死亡保障の金額を増やし、卒業後は金額を減らすなど、子どもの成長とともに保険を随時見直していきましょう。

 

独身の場合

子どもがいない30代独身女性の場合、死亡保障よりも医療保障を充実させることを優先しましょう。

親を扶養する可能性がない場合は、大きな額の死亡保障は必要なく、最低限の金額で十分です。それでも、「葬儀は豪華にしたい」、「ローンで迷惑かけたくない」などの事情がある場合は、一定の死亡保障を用意しておくと良いでしょう。

20代よりもやや体調面でのリスクがあがる30代独身女性が重要視すべきなのは、医療保障です。病気やケガが原因で収入が減ったときなど、誰にも頼れませんよね。

万が一、乳がんや子宮頸がんなどを患ってしまった場合、精神的負担だけでなく、継続的な治療から医療費の負担も大きくなります。もしものときに必要な医療保障をしっかり充実をしておいて、少しでも精神的・経済的負担を軽くしておきましょう。

 

シングルマザーの場合

夫がいないシングルマザーの場合は、一家の大黒柱は母親です。そのため、万が一自分に何かあった場合に、子どもの生活を確保するだけの金額分を設定した死亡保障を用意しておくことが必要です。

子どもが独り立ちするまでは、既婚女性の場合と同様に生命保険を手厚くしておきましょう。加えて、自分が入院や手術をした場合やガンなどの女性特有の病気にかかったときのために、医療保障を充実させておくこともおすすめします。

 

まとめ

30代に入っておくべき保険はいくつかありますが、家族構成やライフスタイルによって大きく異なります。選ぶポイントがわからないまま、自分に合わない保険に加入すれば、損をしてしまうことも。

上記の情報を参考にしてみたり、プロに相談してみたり、自分が納得するまで保険と向き合いましょう。若い時ほど保険料は安いので、自分への投資として早いうちから保険の加入を検討しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク
おすすめの記事