3つのポイントをおさえるだけ!|50代で見直す生命保険

50代になると子どもたちも大きくなり、定年退職後の生活などに意識が向き始める、人生の『転換期』です。
そのため、「50代のための生命保険」となると早めの老後生活への準備として40代のときとは違った基準で選ぶ必要があります。

そこで今回は、50代の生命保険選びのポイントについてライフステージごとに説明します。50代で保険を見直すことは、『60代以降の生活をどう過ごしたいか』ということを考えることにもつながりますよ。

 

スポンサーリンク

50代になったからこそ保険を見直す必要性がある

仕事や生活がひと段落する50代は、保険の見直しには最適なタイミングです。60代だと、収入が減って思うように貯金ができない、保険が入れないかもしれません。

しかし、健康な50代なら、新しく保険に加入できる可能性もまだまだ高いです。『60代以降の人生』の設計を早めに準備して、余裕のある老後の人生を送りましょう。

 

50代で保険を選ぶポイント

多くの50代は生活に余裕が出てくるころです。
ですが、同じ50代と言っても独身の人もいれば、子どもが独立している人もいます。
50代のときは健康でも、60代以降に急に病気になるかもしれません。

 

そこで、50代での生命保険の見直しは、以下の3つのポイントを意識しながら選びしょう。
・死亡保障の減額
・老後の貯蓄性
・医療保障の充実

 

独身の場合

独身の人は、必要な保障といらない保障をしっかり見極めなければなりません。
『死亡保障』は葬式代、『医療保障』は自分の病気をカバーできる程度のもの、『貯蓄性』は老後で困らない程度のシンプルなもので十分です。

おそらく自分の老後に備えてきちんと貯蓄や生命保険の準備をしていることでしょう。そのため、50代だからといって特に40代のときの保険を大きく変更する必要はありません。

 

子どもが独立した場合

50代で、子どもがすでに独立している場合、かなり余裕を持って老後に備えられます。
子どもに使っていた教育費やお小遣いを、すべて老後の貯蓄に回せますからね。

『死亡保障』は、子どもが独立しているなら、減額を検討しましょう。葬式代と家族の生活費を保障できれば十分です。

しかし、年齢が上がるにつれて病気や介護のリスクが高まるので、とくに医療保障は充実させておく必要があります。
『死亡保障』を軽くした分、『医療保障』は病気やケガ、がんや介護保障などに重点を置いておきましょう。『貯蓄性』は老後資金を念頭に置いて選ぶことが大切です。

たとえば、介護保障付きの貯蓄性が高い生命保険など、自分の老後に向けてうまく資産と保障を形成できるものを選ぶと安心です。

 

まだ子どもが独立していない場合

まだ子どもに教育費などがかかる場合は、『貯蓄性』は老後資金だけでなく、教育資金も検討しなければなりません。

『医療保障』は病気やケガだけでなく、がんや介護保障も備えておくと安心です。子どもが独立していない場合は、『死亡保障』は葬式代と家族の生活費だけでなく、引き続き子どもの教育費用も追加しておきましょう。

 

まとめ

50代は、積み上げてきたものが落ち着いてくる時期であると同時に、第二の人生を迎える準備をするタイミングでもあります。

3つのポイントを参考に、家族の状況と照らし合わせながら自分にフィットした保険を探してみましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事