次世代システム5Gの通信能力|4Gとは別次元。まるでSF映画?!

最近ニュースなどで聞くことも多い『5G』。
通信システムの1つだとわかっていても、具体的な特徴はわからないという人も多いでしょう。

そもそも今主流の4Gとはどこがどう違うのでしょう?

そこで今回は、近い将来私たちの生活に浸透するであろう5Gの特徴について、4Gとの違いに触れながらわかりやすく解説していきます。

 

スポンサーリンク

5Gとは?

5Gとは、『5th Generation』の略称で第5世代移動通信システムのことをいい、簡単に言うと進化した革新的な次世代通信システムです。

5Gが主流になると、現在の主流である4G(LTE)の10倍ほどの速さでの伝送が可能になるといわれています。とてつもなく速い通信能力をもつ5Gの導入は、社会のあらゆる通信事情を大きく変える可能性を秘めています。

海外では、2018年にアメリカの大手通信会社・ベライゾンが世界初の5Gのサービスを提供しました。ベライゾンが提供する通信速度は現在、平均300Mbps。環境によって1Gbpsのようですが、今後の続報に期待したいですね。

日本では、現在docomo・au・ソフトバンクの3大通信会社は各地で研究や実験を頻繁に行っており、おそらく5Gの利用開始は2020年であろうとされています。

 

5Gと4Gの主な違い

ここからは、4Gとの違いについて着目しながら5Gの3つの特徴をみていきましょう。

 

信速度の向上

4Gの通信速度は50Mbps~1Gbps。たとえば映画をダウンロードするには30秒ほどかかっていました。
一方で、5Gは10~20Gbpsの通信速度で、同じ映画でも3秒ほどでダウンロードが完了します。

一説では、5Gは4Gの速度と比べて、約100倍に達するのではないかともいわれているほど。この向上により、外出先でもネット動画が途中で止まることもありませんし、4Kなどデータ量が大きい映像もサクサク見られます。

5Gは、私たちをワンランク上の快適なインターネット環境へ導いてくれるのです。

 

タイムラグの短縮

通信速度が向上することで、送信と受信の繰り返しで起こるタイムラグが短縮されます。4Gでは10ミリ秒ほど時間差がありましたが、5Gでは1ミリ秒ほどに短縮。この短縮により、自動運転の制度の向上が期待されています。

また、よりリアルタイムでの操作が可能となることで、遠隔治療や遠隔手術などの実現化に大きく影響するとされています。

 

同時接続数の増加

ライブ会場や、地下鉄など多くの人で混雑するところで『ネットが重い』という現象を経験したことありませんか?これは、周辺の人々が一斉に同じ回線を使用することで起こる現象です。

しかし、5Gなら問題ありません。『同時に』接続可能な端末数が、現在のLTEシステムと比べて約100倍になるといわれるほど、5Gでは大幅に改良されています。5Gの接続性は、4Gの上限をはるかに超えているのです。

 

5Gが生活に与える影響

先に紹介した通り、4Gとの大きな違いは、超高速・低遅延・多接続性の3つです。

これらは私たちの生活に大きく影響することになるでしょう。
たとえば、以下のようなことも期待できます。

・人が多い場所でもサクッとネット接続ができる
・4K・8Kの高画質動画も、スマホで対応できる
・さまざまな『モノ』とインターネット上でつながれる
・省電力のため、バッテリー持ちが良い

今後loTが普及していけば、5G通信のネットワークと家電や家の鍵など身の回りのあらゆる『モノ』がつながる可能性もあります。

また、超高速通信が可能な5Gは、電力あたりの通信容量が4Gよりも大きく、効率よく通信ができるため省電力です。今や常識となりつつある、スマホとバッテリーの2台持ちというスタイルも変わってきそうですね。

5Gが実際に提供されたら、想像以上に便利な世の中になるはずです。

 

まとめ

発展とは『より便利』に向かうことです。5Gの普及は、現在のシステムよりも速く、簡単に、便利な方向に私たちの生活を導いていくでしょう。

次世代の通信回線をもつ5Gの提供が日本で開始されるのは2020年です。
SF映画のような技術の実現化が今から待ち遠しいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事