世界を動かす中国|『一帯一路』のメリットとは?融資先の不良債権化など問題点をわかりやすく解説

2013年に習近平国家主席が提唱した、中国の経済圏構想である『一帯一路』。
アジアと欧州とを海と陸のルートでつなげる巨大なプロジェクトですが、さまざまなニュースが飛び交って真相がわかりづらくなっていますよね。
一帯一路は実現の可能性は高いのでしょうか。
そこで今回は、一帯一路における中国のメリットや問題点についてわかりやすくまとめていきます。

 

スポンサーリンク

そもそも一帯一路とはなにか?

『一帯一路』とは中国の経済圏構想のことです。

・一帯 … 中国から中央アジアを経てヨーロッパをつなげる『陸のシルクロード』
・一路 … 中国沿岸から東南アジア、アラビア半島、アフリカをつなぐ『海上のシルクロード』

これら2つを指します。
現代版のシルクロード経済圏といった方がわかりやすいでしょう。
そして、この2つのルートをつなぐため、今後な数十年かけてインフラ整備や貿易を促進する計画こそ『一帯一路』なのです。

 

中国にとってのメリットは?

中国は表立って公表していませんが、そのメリットは推察できます。

考えられるメリットは以下の5つ。

・企業の海外進出の後押し
・鉄鋼などの新たな供給先探し
・原油や天然ガスなどの陸上輸送ルートを確保
・格差広がる中国内陸部の開発
・世界の覇権を狙う

インフラ整備など諸国への支援を通じることで中国の支配力を高めつつ、行き詰まりつつある中国国内の経済活性させるのが大きな目的でしょう。
あわせて、アメリカを孤立させることで中国主導の国際秩序の形成をもくろんでいるのです。

『一帯一路』の問題点はなにか?

一帯一路に対して賛同国が多いにもかかわらず、不安な声が多いのも事実です。

・構想が大きいわりに不明確
・不良債権化の可能性
・各機構の加盟国との関係調整
・中東地域の不安定さ
・米中貿易摩擦

一帯一路の構想実現にあたる機関は、既存の国家改革発展委員会や省、地方政府などの組織です。大型構想にもかかわらず、細かい点については不明確な部分が多くあり、準備不足が否めません。
融資先の国のなかには返済能力が疑問視される国もあり、不良債権化の可能性もあります。

また、各機構の加盟国の関係調整も構想実現の課題のひとつ。たとえば、中央アジアにはEAEU(ユーラシア経済連合)やCSTO(集団安全保障条約機構)など、ロシア構築の多国間機構があります。
これらの加盟国との関係調整については中国の外交力が問われるでしょう。

交通の面では、サウジアラビアやアラブ首長国連邦などとカタールとの国交断絶状態が継続していることが不安視されています。一帯一路の玄関口の候補として計画されていたカタール航空が、近隣諸国への航空便の運航中止としているのです。そのため、中国人が『現代版シルクロード』につながる他国に乗り継げなくなる事態となっています。
このことは、一帯一路政策のリスクを浮き彫りにしました。
そのうえ、現在アメリカとの厳しい貿易の対立は解決策さえ見いだせない状況となっていて、中国経済に暗雲が漂い始めたといえるでしょう。

 

まとめ

中国の積極的外交政策の象徴である『一帯一路』について、日本の安倍首相は協力する姿勢をとっています。
しかし、全面的に賛同したわけではなく、中国が支援する国の返済能力を無視してインフラ整備のために一方的に巨額の投資を行うことに対しては問題視しているとも発言しており、条件次第の協力を示唆しています。
今後、一帯一路に積極的に関与していけば、日本国内の経済情勢にも変化があらわれるでしょう。
この変化を見逃さないためにも日本の考えに注目しておく必要があります。

スポンサーリンク
おすすめの記事