国内メーカーの『自動運転』開発の現状は?|レベルごとの定義の違いなどをわかりやすく解説

次世代の最新技術として注目されている『自動運転』。
日本の日産やホンダをはじめ、アメリカのテスラなどでは予想以上に開発が進んでおり、自動車の世界は革命期を迎えています。

しかし、実際に自動運転の技術はどこまで進んでいるのでしょうか?

今回は、レベルごとの定義や国内メーカーの自動運転モデルをふまえつつ、自動運転の現状について解説します。

 

スポンサーリンク

自動運転の定義

ひとことで自動運転といっても、レベルごとに技術や機能が異なります。

日本やアメリカ運輸省道路交通安全局(NHTSA)が定めた自動運転レベルは、0から5の5段階。これらは人間とシステム、どちらが判断をして運転するかのバランスによって分けられます。

 

レベルの違い

それぞれのレベルは以下のような定義となっています。

・レベル0
レベル0は自動運転システムがない状態のこと。
たとえ前方衝突警告などがついていても、アラーム音で危険を示すだけで運転を制御するものではない場合は、レベル0に当てはまります。

・レベル1
レベル1は、ハンドルの操作や減速・加速など、運転のどれか1つを自動に補助する状態のこと。
たとえば、前方の車の状況次第での自動ブレーキやACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)とよばれる自動でアクセルやブレーキなどの補助があげられます。

・レベル2
レベル2は、ハンドル操作や減速・加速など、同時にいくつかの部分的操作を補助するような少し高度なシステムが分類されます。
たとえば、上記に挙げたACCが進化したものになるとレベル2となります。
ただし、ドライバーは常に周囲を確認しておかなければなりません。

・レベル3
レベル3は、条件付きで、運転・操舵・制御をすべて自動的に車がおこなう状態です。
緊急時にはドライバーが対応する必要があり、また、使用時は交通量が少ない・視界が見えやすいなどの条件をクリアしなければなりません。ドライバーとシステムが混在しているため、事故が起こった場合はドライバーの責任となる可能性が高くなります。

・レベル4
レベル4は、ドライバーが乗らなくてもかまわないとされる状態です。
万が一、事故が起こった場合は、システムが責任を負うことになりますが、交通量が多い・視界が見えにくいなかでの自動運転は推奨されていません。現在、市販車ではレベル4が搭載されている車はありませんが、近い将来実現されるでしょう。

・レベル5
レベル5は、どんな条件の下でもドライバー無くして自律的に運転する車が、最高のレベルです。レベル5の技術が確立されると、道路や法律の整備が必要であると考えられています。

 

国内メーカーの自動運転モデル

ここからは、運転の補助だけではない、国内メーカーのワンランク上の自動運転モデルを見ていきましょう。

 

日産『プロパイロット』(レベル2)

単調な渋滞走行時などでアクセル・ブレーキ・ステアリングを車が自動で制御してくれる、日産の『プロパイロット』。
高速道路で同じ車線での走行を可能にした、日本初の技術です。
車間距離を維持する自動ブレーキ機能と、高機能カメラによって車線中央をキープする機能などが搭載されていて、レベル2です。

 

ホンダ『ホンダセンシング』(レベル1)

衝突を防ぐための自動ブレーキや誤発信抑制機能、ACC、車間距離の調整機能などが備わっていますが、アシスト機能が限られているため、レベルは1となります。
ホンダは2020年までにレベル3、2025年までにレベル4の実現を目指しています。

 

自動運転の現状

現在、普通乗用車だけでなく、軽自動車を含む多くの車で動ブレーキシステムなどレベル1~2が標準的な機能とされています。

そのほか、アウディなど海外の自動車メーカーからはレベル3の車が一部市販化しており、レベル4以上の技術はまだ実用化にはいたっていないのが現状です。

 

まとめ

現在発売されている車の主流は、運転サポートと位置付けられるレベル1~2です。
しかし、研究を重ねるにつれて、段階的に近い将来搭載されるレベルは上がってくるでしょう。高度な自動運転が実現すれば、渋滞や交通事故などの改善や莫大な経済効果にもつながるため、現在各国がこぞってテストをおこなっています。

変化が激しい自動車業界から、引き続き目が離せませんね。

スポンサーリンク
おすすめの記事