掛け捨て型?それとも積立型?自分のニーズにあった生命保険を選ぼう

生命保険に加入を考えたとき、『掛け捨て型』と『積立型』のどちらを選ぶべきか悩んでいませんか?

「こっちの方が良い!」という絶対的な基準はありませんが、どちらが自分にニーズに合っているのか考えることは保険のムダをなくすことにもつながります。

今回は、生命保険の『掛け捨て型』と『積立型』のどちらを選ぼうか迷っている方向けに、それぞれのメリット・デメリットについてわかりやすく解説していきます。

 

スポンサーリンク

生命保険の選び方

生命保険にはさまざまな種類があるので、まずは自分が何を必要としているかをあきらかにすることから始めましょう。

たとえば、自分に万が一のことがあった場合の家族の生活が不安だというなら、『死亡保障』が充実したものがおすすめです。

ほかにも、長期的に確実に貯金をしておきたいなら『養老保険』など、自分のニーズに合って、なおかつ保険料の金額に無理のない生命保険を選びましょう。

 

掛け捨て型の特徴

掛け捨て型の保険は、『保障』重視の保険で、解約時や満期時に今まで支払った保険料がかえってこないことが多く、毎月の保険料は安くなります。

保険の見直しはしやすいですが、更新するたび保険料があがる点には注意しましょう。
代表的な生命保険は、定期保険や医療保険など。子どもが小さい方や、自分で資産運用したい方におすすめです。

 

メリット

・安い保険料
・小さな金額で、大きな保障に備えられる

掛け捨て型の最大のメリットは、保険料の安さです。
保険料だけを支払うため、費用を抑えながら万が一のときに備えられます。

 

デメリット

・保険料は返ってこない
・期間に注意

積み立て型と違って純粋に保険料のみを支払うため、途中で解約したときに返戻金がない、あっても微々たる金額です。また、保障期間が定期である場合が多いのもデメリットです。

 

積立型の特徴

積立型とは、文字通り『貯蓄』重視の保険です。保険料には解約返戻金や満期時の保険金が含まれているため、掛け捨て型と比べて割高料金となります。

ただし、金額は一定のまま。代表的な保険は、養老保険や終身保険、学資保険など。
一生涯の保険を探している方や、自分では貯金できない方におすすめです。

 

メリット

・解約時にお金が戻ってくる
・利率分が上乗せされた金額が戻ってくることも
・保険料と積立が自動的にできる

積立型の保険は、『保険料+積立分』を毎月払っているため、解約時には積立していた分が戻ってきます。中途解約でも、契約によっては利率文が上乗せされて返戻されることもあります。

 

デメリット

・保険料が高め
・支払った保険料と返戻される金額に差があることも

保険料は、『純粋な保険料+積立分』を払わなければならないため、保険料は高めになります。
また、特約などさまざまなサポート保障を多く契約するほど、保障分の割合が増え、受け取る分の積立金が少なくなることもあります。

 

解約時に覚えておきたいポイント

保険を解約する理由はさまざまですが、どんなときでも解約時に覚えておきたいポイントは3つ。

・解約時の返戻金の確認
・別の保険に乗り換えてから
・減額

返戻金は、契約している期間が短いほど払った保険料よりも少なくなる場合があります。損をしないために、解約時には契約期間をよく確認することをおすすめします。

また、乗り換えるなら、新しい保険に加入してから古い保険を解約しましょう。もし、乗り換える予定の保険の加入審査に引っ掛かったり、保障が切れている間にケガや病気をしてしまったら不安ですよね。保険の種類によっては保証が有効になるまで時間がかかる場合があるので、気をつけましょう。

ほかにも、減額を検討する方法もおすすめです。完全に保険を解約してしまうことが不安な場合は、家族や営業担当者とよく相談してみるとよいでしょう。

 

まとめ

掛け捨て型にも、積立型にも、それぞれメリットとデメリットが存在します。

安い費用でおさえたい、一定期間だけ保障を確保しておきたいという人は、ひとまず掛け捨て型に加入しておくという選択肢もあります。

一方で、貯金しておくのが苦手な人は積立型の保険に加入して、自動的に貯蓄していくのも良いでしょう。
自分の生活や性格に合っているのはどのタイプの保険か、しっかりと検討したいですね。

スポンサーリンク
おすすめの記事