河合前法相夫妻はなぜ逮捕されたのか?|問題の概要や影響をわかりやすく解説

2019年7月の参院選をめぐり、地元議員らに票の取りまとめを依頼するとともに現金を渡したとして 逮捕された河合前法相夫妻。(河井克行氏と河井案里氏)

今回の逮捕の本質は、官邸中枢に近い現職の衆議院議員が自分の妻を当選させたいがゆえに起こした異例の事件です。

そんな河合前法相夫妻が逮捕された問題の概要やその影響について、わかりやすく解説します。

スポンサーリンク

河合前法相夫妻の買収問題の概要

元閣僚で衆議院議員の河井克行氏と妻で参議院議員の案里氏が、2019年夏の参院選をめぐり、検察当局に買収の疑いで逮捕されました。

広島選挙区にて、同県内の地方議員や首長など94人に合計2570万の現金を渡したというのです。

検察当局が河合夫妻を逮捕したのは、国会が閉会した翌日の6月18日。
これは、国会議員には国会開会中は逮捕されないという「不逮捕特権」が与えられているからです。

河合夫妻が逮捕された経緯

事の発端は、2019年夏の参院選における河合案里氏の選挙法違反事件。

ウグイス嬢に対して違法な金額の報酬を支払ったとして、検察当局が河合克行氏と案里氏の公設秘書や政策秘書ら合わせて3人を逮捕しました。

検察当局は、その後も河合夫妻のあらゆる関与について本格的に捜査を続行。

その結果、河井克行氏が妻の案里氏を参院選で当選させるため、2019年3月末~6月中頃地元の議員ら5人に票の取りまとめのため合計170万円の現金を渡していたという疑いが発覚します。

さらに、夫の河井克行氏は、2019年3月末~8月上旬頃に91人に対して116回、合計約2400万円の現金を配ってまわっていたとの疑いも浮上。

公職選挙法違反の買収の疑いで、両人を逮捕しました。

ちなみに、河合夫妻から現金を受け取った相手の多くは、議員や自治体の首長、後援会の幹部など。

配布する金額は、たとえば県議には市議よりも多めに配布するなど、相手の集票力によってランク付けをしていたようです。

現在、河井克行氏は、取り調べに対し、一部の現金提供を認めつつも「政治活動への報酬だった」と買収の意思を否認。案里氏も「違法な行為だと思っていない」と同じく否認をしています。

もちろん、いずれも自民党を離党しています。

安倍政権への影響は必至

今回の逮捕問題は安倍政権にとって大打撃になりかねません。

なんせ、逮捕された河合克行氏は、法務行政の元トップです。

そのため、自民党本部と河合克行氏との距離は近く、妻の杏里氏が当選した2019年夏の参院選では、首相や菅官房長官も来援。
相場の10倍ともいわれる1億5000万円もの選挙資金を提供するほど、強力に支援していました。

現在、案里氏の党支部に入金した1億5000万円について、二階氏が「広報誌配布の費用だった」とのコメント以外、党本部から詳しい説明はありません。

ただ、「あまりにも大金すぎるのでは?」「実際はどういう使途を想定して公布したのか」など、自民党内では執行部に対して詳細な説明を求める声が高まっています。

河合前法相夫妻はなぜ逮捕されたのか?|問題の概要や影響をわかりやすく解説|まとめ

もはや官邸内のほかの議員にも飛び火しそうな勢いも感じられる、河合前法相夫婦による買収問題。

現職の国会議員である夫婦2人が逮捕された今回の問題は、政権最終盤に差し掛かる安倍首相の求心力にも影響しかねません。

検察の威信をかけ、東京地検特捜部はどこまで現場の真相を解明できるのか、引き続き注目しておきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事