【何が彼を動かしたのか】小泉進次郎氏、石破氏支持の理由とは?

自民党総裁選は、安倍氏553票、石破氏254票で安倍晋三首相が3選を決めました。
世間からみても想定内の結果となった自民党総裁選ですが、石破氏の検討よりもとくに注目されたのは小泉進次郎筆頭副幹事長の『石破氏支持』の発言でしょう。

負けが濃厚だった石破氏を、支持したのはなぜでしょうか。

今回は、小泉進次郎氏の石破氏支持の真相や、彼が推す政策についてわかりやすくまとめていきます。

 

スポンサーリンク

小泉進次郎氏が石破氏を支持した理由

今後の政治活動を左右する可能性もあった自民党総裁選で、小泉氏はなぜ石破氏を支持したのでしょうか。
その理由として、注目しておきたい2つのポイントをご紹介します

 

自民党の多様性を訴えるため

「違う声を強みに変えていかなければならない」
石破氏の支持を決めた理由を、小泉氏はこう答えました。
この発言から、どうやら『安倍1強』のムードを打破すべく、石破氏を支持したということが見受けられます。

石破氏を総理にしたいという強い思いから石破氏に投票したのではなく、安倍首相が勝つことを見通したうえで自民党内の多様な意見を訴えるという意味から投票したのかもしれません。

 

男気パフォーマンスの可能性

今回の自民党総裁選では、誰もが安倍首相を支持していました。

しかし、小泉氏は石破氏を支持。

このことから、『ポスト狙いの平凡な政治家と自分は違う』ということを見せつけるために、あえて負けが濃厚である石破氏を支持したという可能性も考えられます。

投票の間際まで石破氏の支持を明言しなかったのは、石破氏を支持する側の政治家として安倍首相と全面対決をする気がなかったからではないでしょうか。

選挙後珍しく歯切れが悪いコメントを残している小泉氏ですが、結果的に、「小泉氏はほかの政治家と何か違う」「権力に巻かれない」というイメージが国民にばらまかれたのは確かですね。

 

小泉進次郎氏がとくに推している政策とは?

小泉氏は自民党各派の若手を集めて、政策グループを次々と作っています。
そのなかで、小泉氏が強く推す政策をご紹介します。

 

こども政策

小泉進次郎氏が強く推している政策は、『こども保険』です。
内容は、社会保険料の配分を高齢者よりもこどもに多くあてて、保育・幼児教育の無償化を目指すというもの。

この政策のメリットは2つ。

・少子化問題への対策
・国債の発行を回避しつつ実行できること

 

子育て世代へ金銭的支援は日本の少子化への歯止めになるだけでなく、将来世代への国の借金を増やすことなく実施できるのです。

一方で、デメリットはこどもがいない人への負担となります。
年金であれば自分に返ってくるという保証がありますが、こども保険はこどもがいない人にとってはただ保険料の負担が増えるだけ。単なる増税でしかないのです。
そのため、不満をもった人々が保険料自体を支払わなくなる可能性があります。

小泉氏が提案する子育てのための社会保険に対して、財界や経済連などさまざまな方面から反発があります。
今後の小泉氏の動向に注目ですね。

 

小泉進次郎氏が石破氏を支持した理由|まとめ

見事3選を果たした安倍首相は、石破氏を支持した議員についても冷遇しない考えのようです。

そして、閣僚ポスト候補の1人に小泉氏が浮上する可能性もあります。
入閣話が出れば、『自民党の希望の星』ともいわれる小泉氏の存在感がさらに強くなることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事