冬の頼れる味方!LINEほけんのスキー・スノボ安心保険をわかりやすく解説

ウインタースポーツとして大人気のスキー・スノボ。
ですが、どれだけ気をつけていても自分がケガをしたり、衝突などによって相手を傷つけてしまったりなど、さまざまな事故に遭う危険性があります。

そんな万が一のトラブルが起こったときに頼りになるのが、スキー・スノボ保険です。

そこで今回は、LINEほけんから、遊びに行く前におすすめしたい『スキー・スノボ安心保険』について、ほかの保険会社のものとともにご紹介します。

 

スポンサーリンク

スキー・スノボ保険の特徴

一般的な生命保険とスキー・スノボ保険の大きな違いは、大きく分けて3つです。

・他人にケガをさせた賠償
・物を破壊した場合の賠償
・契約期間

一般的に生命保険は1年単位での契約となりますが、スキー・スノボ保険では利用シーズンが限られていることもあり、『1日』や『1回』などの単位で契約が可能です。

また、保険によっては、専門家が当事者に変わって、ケガをさせた相手との示談交渉を代行してくれるサービスがついていることも。

さらに、コース外などで事故を起こした場合の捜索費用の補償や、ボードやスキー板が破壊された場合の補償も含まれているので、安心してウインタースポーツを楽しむための必需品ともいえるでしょう。

 

LINEほけん『スキー・スノボ安心保険』

保険料はなんと、たったの月額300円です。

保険内容としては、

・死亡、後遺障害保険金 160万円
・他人への賠償責任補償 1億円
・救援者費用 200万円
・入院時保険金 2000円

上記の補償に加えて、ボードなどの持ち物が壊れたときなどの損害補償も受けられます。
お支払いは、LINE Payでかんたん。

300円で1億円の賠償保険金が設定されているのは、とってもありがたいですね。

 

三井住友海上

類似保険に、『三井住友海上 1DAYレジャー保険(スキー・スノボ向け)』があります。

保険内容(ベーシックプラン)は、以下の通り。
保険料は月額500円です。

保険内容は、

・死亡、後遺障害保険金 200万円
・他人への賠償責任賠償 3億円
・救援者費用 150万円
・傷害による入院時一時保険金(4日以上) 7.5万円
・骨折した場合の一時保険金 10万円

三井住友海上の1DAYレジャー保険は1日単位での契約となっており、保険料500円で3億もの高額な賠償保険金が設定されています。

ただ、一時入院金は含まれていますが、手術保険金はありません。申し込み方法はNTTドコモ・au・ソフトバンクのスマホがメインですが、セブンイレブンの店頭からも直接申し込むことが可能です。

 

まとめ

スキー・スノボはスピードが出やすく、プロでも事故で命を落とすこともあるスポーツです。そのため、自分は大丈夫と思っていても、思わぬところで転倒するなど大きな事故につながることも十分考えられます。

LINEほけん『スキー・スノボ安心保険』は、LINEを開けばすぐ加入できますし、スキー場に行く前にちょっと操作するだけなのでかんたん。

安心してウインタースポーツを楽しむためにも、1日300円で備えられるLINEの『スキー・スノボ安心保険』への加入をぜひ検討してみてくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事