ジャニーズによる圧力疑惑に迫る|主犯は嵐の元マネージャー説も…元SMAPをテレビから追放?!

ジャニーズによる圧力問題が明るみに出たのは、公正取引委員会からの注意が入った7月17日のことです。

「元SMAP3人に関する圧力をテレビ局にしていた」という疑惑に「やっぱりな」と感じた人も多いのではないでしょうか。

今回は、ジャニーズによる圧力問題の概要や見解、さらに似た原因でメディア露出が激減した芸能人についてまとめます。

 

スポンサーリンク

ジャニーズによる圧力疑惑

公正取引委員会が、ジャニーズに対して独占禁止法違反につながる恐れがあるとして、17日までに口頭での注意をしました。

なぜなら、元SMAPの稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾の3人を出さないようにテレビ局に対して、ジャニーズが圧力をかけていたという疑惑が発覚したからです。

・『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)
・『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)
・『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)
・『ゴロウ・デラックス』(TBS系)

実際に、3人が出ていた上記の番組はつぎつぎに終了。
出演が継続している番組は、現在では草彅剛がナレーションを務める『ブラタモリ』のみとなっています。

これらの打ち切りの真相はいまだ定かではありませんが、「SMAPという名が付いている番組を続けるのはどうか」という意見があるなかで、ジャニーズによる圧力が関わっていたのではないかとも言われています。

 

ジャニーズの見解

注意を受け、ジャニーズは17日深夜にHP上でコメントを発表。

「テレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものではない」としたうえで、「今後は誤解を受けないように留意したい」としています。

ただ、HP上では「警告を受けたものではない」と言い切っていますが、『注意』とは命令や警告よりも軽いものの、この状態を続けると独占禁止法違反になるという意味があります。

つまり、将来にむけて違反行為につながる恐れがあったからこそ、今回注意を受けたのです。
にもかかわらず、「事実はない」と言い切ってしまうのは少々強引に感じてしまいますね。

 

メディア露出が激減した芸能人たち

元SMAP以外にも、事務所トラブルなどが原因でメディアの露出が減った芸能人は何人もいます。

・野久保直樹
・千眼美子(旧芸名:清水富美加)
・のん(旧芸名:能年玲奈)
・小森純
・西内まりや
・ローラ

理由はさまざまですが、たとえば上記の芸能人は最近テレビでは見ませんよね。

『スッキリ』(日本テレビ系)で元SMAPが巻き込まれた圧力問題を取り上げた際にMCの加藤浩次が語ったように、ジャニーズに限らず、大手の事務所からの独立や事務所トラブルなどが原因でテレビに出られなくなるというのは、芸能界では周知の事実のようです。

 

まとめ

元SMAPの3人に対する圧力疑惑に関して、その後も取材や会見などでのコメントもなく、不十分の対応で押し通すジャニーズ。

一方、テレビ局に対しての圧力問題であるにもかかわらず、自局に対して圧力がかかっていたのかについては一切触れないまま報道するテレビ局側。

芸能事務所だけでなくテレビ局も含めて、業界全体がクリアになることを求められているのかもしれませんね。

スポンサーリンク
おすすめの記事