滋賀・大津|保育園児の列に車が突っ込む|2人死亡、13人がはねられ怪我

5月8日午前10時15分ごろ、大津市大萱6の交差点で車2台の絡む事故があり、弾みで1台が近くにいた保育園児や保育士ら十数人の列に突っ込んだ模様。

園児13人と、引率していた保育士のうち2人が病院へ搬送。計15人が負傷し、2歳の男児と女児の死亡が確認されている。

 

滋賀県警は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで2台を運転していた62歳と52歳の女2人を、それぞれ現行犯逮捕。
巻き込まれたのは「レイモンド淡海保育園」(同市)の園児らと保育士で、散歩中に信号待ちをしていたとの事。

右折しようとした乗用車が対向車線を直進してきた軽乗用車と接触。
軽乗用車が園児らをはねたとみられる。

現場は琵琶湖畔を東西に走る近江大橋から約400メートルほど離れた場所で、事故が起きたのは三差路。

歩道には園児らに衝突したとみられる軽乗用車が乗り上げており、壊れた窓ガラスの破片などが路上に散乱している模様。交差点には規制線が張られ、近くのフェンスは折れ曲がっていたようだ。

 

園児と保育士らは散歩に出かけて園に帰る途中だったとのこと。

同じ保育園に4歳の男児を通わせる30代の女性は「園から迎えに来るようメールが来た」と話す。「散歩はうちの子供もよくしていたので、事故を知った時はぞっとした。巻き込まれた子が本当にかわいそう」と声を詰まらせた。

 

ネットでの声は、悲しみと怒りが入り混じっています。

スポンサーリンク
おすすめの記事